潮生館の歴史

潮生館の歴史

志太温泉 潮生館

潮生館の歴史

明治22年に当時の豪商野口 善三郎・野口荘三郎氏が、この地に湧き出でる鉱泉を利用した湯治場のさらなる発展の為に、「潮生館」 を建設しました。

若干21歳で旅館経営を任されることになった、当館の先々代、下坪 宗次郎は工夫や苦心を重ねた結果、経営を軌道に乗せることができました。

その後、犬養毅や浜口雄幸、後藤新平氏等、中央の政・財界の大物の方々や梨園の名優の投宿を陸続と得られるようになりました。 こうして経営を大きく発展させることができた潮生館は、昭和8年に離れの「香梅荘」を、昭和14年には明治22年に建てられた本館を全面的に改築しました。

これらは平成16年に国の有形文化財として登録されましたが、建物のそこかしこに大工の棟梁や職人たちの心意気を窺うことが出来ます。

「運用之妙存乎一心」の碑

「運用之妙存乎一心」の碑<

志太温泉を大きく開いた野口善三郎氏の功績を、友人の歌人中村 秋香氏が讃え、志太地区の材木商等の有志によって立てられたものです。
もとは、志太温泉の向かい側にあった姥神社の入り口にありましたが、近年の道路拡張時に、神社は金比羅山に移されました。碑に刻まれていた文字は拓本を取り当館で大切に保管しております。

姥神社

姥神社<

志太温泉をはさんだ向かい側にあってご神殿は山の上にありました。志太温泉の氏神様で安産子育ての守り神であることから、若い女性が姥神社を訪ねて当館にお泊りに来られたこともありました。
昭和56年、道路の拡張工事に際して金比羅山公園に移し祀られましたが、女将が子供の頃は遊び場としてゴム跳びを楽しんだり、毎年四月には灯篭をずらっと灯してお祀りしたりと、とても身近な存在でした。